Reviews

ハーバード大麻と膵臓がんの研究

ハーバード大学は巨大投資ファンド(1) - ハーバード留学/研究員記録 ハーバード大学は一般に、日本の大学同様に研究と教育に取り組む機関であると理解されている。但し、決定的に異なる機能を持っていることは、余り知られていない。ハーバード大学は、アメリカでも有数の投資ファンドの機能を持っている。 日本がアメリカから学ぶべきノウハウはここに 米政府が大麻でガン細胞が消滅することを認める | 世界の裏側 … 医療大麻に限定しての合法化を求める動きもありますが、一部の大手製薬企業がいろいろと手を加えすぎたのか、製薬にまでなると効果がなくなったという例も一部ではあり、さらにモンサント社が医療大麻に参入したりもしていますので、所持・使用だけ 癌治療にマヌカハニー、大学の研究で効果が確認されてるって本 …

がんの遺伝子研究ができる大学 | 大学|みんなのQ&A!|質問・ …

腫瘍遺伝学研究分野 | 金沢大学がん進展制御研究所 当研究分野では、胃がん・大腸がん悪性化進展機構の解明を目的として、新規マウスモデルを開発して表現型を解析し、また、がん組織から樹立したオルガノイドを用いて、以下の項目について研究を展開 …

国立がん研究センターが中心になって行った研究では、ほかの症状についても報告している。 (国立がん研究センターが大麻成分カンナビノイドを研究) この報告書のなかに、「ドロナビノール(マリノール)の臨床研究の研究」がある。

ハーバード大 多発性骨髄腫の研究における最新の治験を発表 - … 腫瘍内の遺伝的多様性を確認米ハーバード大学は現地時間1月13日、多発性骨髄腫の研究における最新の知見を発表した。Todd Golub医学博士によると、多発性骨髄腫における包括的な遺伝研究のデータは、これまで考えられていたよりも、その疾患の遺伝的景観の複雑さを示しているという。 自分は今大学選びに迷っています。将来、癌研究の道に進みたい … 自分は今大学選びに迷っています。将来、癌研究の道に進みたいと思っているのですが、癌研究の進んでいる大学を教えてもらえませんか。とりあえず、偏差値などは無視してください。 どこの大学でも癌に関する研究室はあり

がんの遺伝子研究ができる大学 | 大学|みんなのQ&A!|質問・ …

今年7月、ハーバード大学の研究者はfbl-03gと呼ばれる大麻フラボノイド が膵臓がん腫瘍を殺すことができることを発見した。 研究チームは膵臓がんのマウスを対象とした実験を実施し、使用した動物の70% でfbl-03gが腫瘍細胞を殺したことを発見した。 アストラゼネカ、ハーバード幹細胞研究所と糖尿病における共同 … アストラゼネカ、ハーバード幹細胞研究所と糖尿病における共同研究で提携 本共同研究は、治療法にとらわれずに、膵臓β細胞の機能およびインスリン感受性を回復させることを目的とするアストラゼネカの糖尿病における戦略的研究アプローチに沿う