CBD Products

麻イラクサ植物

アオミズ - 野山に自然に咲く花のページ トキホコリを見つけたすぐ近くにいました。 「お? 似ているのがいた!」と思い撮影しました。 後で調べて アオミズ と判明。 遠くて良い写真が撮れませんでしたが、せっかくトキホコリでイラクサ科のページを作ったので、本種も載せることにしました。 イラクサ科 Urticaceae-1 - Coocan 広島県植物誌 p.110;東城町植物誌 p.83;呉市植物誌 p.78;呉市目録 p.102;山野草秋 p.23;北広島町 p.178; 広島県の植物図鑑へ 基本変種の var. japonica(トガリバヤブマオ)は本州西部、四国、九州に分布する日本固有変種。

麻は, 春に蒔き,細くまっすぐに伸びた茎を秋に刈りとる。その皮をはいで繊維をとり紡ぎ織って糸布に. する。麻は東国,紀伊など全国の広い範囲で栽培された。 他に,麻の繊維をは,山野に自生するイラクサ科の植物苧(からむし)からとった繊維も使われた。

イラクサ科カラムシ属学名:Boehmeria nivea 特徴・分布・生育環境高さ1m前後の比較的大型の多年草です。 日当たりの良い草地や小道脇などに自生します。葉は長さ8cm前後で広卵型で葉先は尾状に伸びています。葉裏に白い綿毛が密生して イラクサ科の植物図鑑 - Gifu University 国内では、10属約50種知られている。 分類:被子植物門>双子葉植物綱>マンサク亜綱>イラクサ目>イラクサ科 教草 : 布のはなし ー 大麻・苧麻 - oshiegusa.com 「麻」は人々に好まれている素材のひとつと言えるでしょう。 日本で「麻」と表記され、呼ばれているこの名、 実はいくつもの植物(素材)を総称した呼名です。 「麻」という言葉の正体は、それぞれ異なる植物から繊維質を取り出したものであり、 ムカゴイラクサ【植物検索・撮れたてドットコム】 葉は互生でこの点も対生するイラクサなどイラクサ属とちがうところ。 同じ属の植物には,ほかにミヤマイラクサがあるが,ムカゴイラクサの方が小型で葉の鋸歯が低く,なによりも葉えきにむかごがつくのが大きな特徴。

イラクサは,触るとちくっと独特の痛みがあるのが何よりの特徴。この痛い刺があるのはイラクサ属かムカゴイラクサ属で,イラクサ属は葉が対生で花序は葉えきだけにつくが,ムカゴイラクサ属は葉が互生し,雌花序は茎の頂から突き出してつく。 イラクサは 

アサ - Wikipedia 大麻は御承知の通り麻の繊維の原料植物であります。これは当初日本におきましては、大麻は麻薬の原料植物であるということを考えておらなかつたのでありまするが、連合軍が進駐以来日本の麻を調べましたところ、これが取締りの対象になるものである。 亜麻(リネン)・苧麻(ラミー)・大麻(ヘンプ)について|繊維の知識| … リネンとは、亜麻(Linum usitatissimum)の茎からの繊維のことをいいます。ラミーとは、ちょ(苧)麻(Boehmeria nivea, Boehmeria tenacissima)の茎からの繊維のことをいいます。 ヘンプとは、桑科の1年生で、雌雄異株の双子葉植物のことをいいます。 ラミー(苧麻)について - 日本麻紡績協会 ラミーは多年生の植物で、繁殖法は品種改良や特殊な場合を除いては、実生法(種蒔)は行わず、主として株分け法、吸枝法、挿木或いは取木法等を用います。 これらは2~3年後にはじめて実用的な繊維が採取出来る状態になります。

狭義の麻は、国内では紀元以前から栽培の歴史があった(苧麻も同様)と考えられているアサ科のアサ(麻)を指すが、「麻」の語自体は沿革的に類似の植物繊維を採取できる植物及びその繊維の総称として使用されていて、その種類は20種にも及ぶとされる。

生している。バラのようにトゲで身を守る植物はほかにもあるが、イラクサが持ってい. るのはただのトゲではない。トゲの根元には毒を含んだ小さな袋が備えられていて、皮. 膚に刺さるとトゲの先端がはずれ、注射針のように傷口に毒を注入する。 ただ刺すだけで  また戦時中は、とにかく収量が多い外来の苧麻類のラミー栽培が奨励され、引かずに供出したこともあったようです。 昭和村では苧麻をからむし、大麻をアサとよんでいます。 苧麻はイラクサ科のカラムシ属で多年草(宿根草)、大麻はクワ科の植物で一年草です